« 晩秋の新潟遠征2018~3度めの正直で | トップページ | 晩秋の新潟遠征2018~白板鉱山へ »

2020年2月19日 (水)

晩秋の新潟遠征2018~今度は私が案内を

P2104563

 今年もワカメの季節がやってきました。漁港近くの直売所で買ってきて天日干しをしています。去年までは一度さっと塩ゆでしてから干していましたが、今年は港の近くで干している人に聞いたら、生のままで干しているとのことだったので、水洗いしただけで干しました。ひと手間省けるのはありがたいことです。

 そんな話はさておいて、一昨年晩秋の新潟行きの話の続きです。
 目的の大きな黄鉄鉱が手に入ったので、次は私の案内でドロマイトの露頭を見に行きました。

13doromaito

 坑内が純白に輝いています。 ここのドロマイトは晶洞に富み、小さいながらも菱面体の結晶がチカチカと輝いた姿は、きれいなものです。

14siroirotou

 割れたものが下に堆積しているので、難なく採集できます。さて、予定終了。あとは帰るのみとなりました。帰り道の内の3キロは下り坂なのですが、その道のりの遠かったこと。坑内で張り切った疲れが溜まっているのでしょう。

10wakimizu

 車に戻って、今夜のねぐらに向かいました。途中に湧き水があったので汲みに寄りましたが、鄙びた設備と案内板がありました。

12ohuro

 さらに進んで、とある日帰り温泉施設でお風呂に入りました。

Yuusyoku

 そこの食堂で夕食、私は相変わらず天ぷらそばにしました。

 そのあと道の駅に移動して、みんなで車中泊をすることになりました。明日は白板鉱山を目指します。

|

« 晩秋の新潟遠征2018~3度めの正直で | トップページ | 晩秋の新潟遠征2018~白板鉱山へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。