« 今年三度目の糸魚川へ~2日目 | トップページ | 今年のGW、まずは播但地方へ »

2018年5月29日 (火)

今年三度目の糸魚川へ~最終日

Takenoko

 暖かい気候のせいか、今年はタケノコが早くに出ています。これはハチク(淡竹)で、孟宗竹が終わってから出てきます。孟宗竹よりも根が浅くて、地上部が伸びていてもおいしく食べられます。

Kawamuki

 皮が多いので、処理にはずいぶんと時間がかかります。あまりたくさん採らない(孟宗竹は掘ると言うけど、ハチクは採ると言う)ようにしました。

Takenoko_2

 今年はスライスして湯がいたものを豆板醤などで味付けして、豚こま肉と炒めてみました。

 そんなことはさておいて、今年三度目の糸魚川行きは最終日となりました。

01asa

 朝食は簡単に済ませました。そういえば今回はいつもの「まぜのっけご飯朝食」は無しでしたね。

03turibito

 そして須沢の海岸に行ってみました。釣り人はいましたが・・・。今年になって釣り人が何か魚を釣った場面を見たことがありません。それでも多くの人たちが毎朝海岸に並んでいるのは、あきらめずにヒスイを探しに来ている私と、気持ちは変わらないのかもしれませんね。
 おだやかな海面には波がほとんど無く、石も動いていませんでした。

02botodeturi

 ボートで戻ってきた人があったので話を聞くと、鯵や鯖が釣れていました。魚の群れが浜辺に来なくて、沖を泳いでいるようでした。
 ヒスイも浜辺に来てなくて、結局この日もボウズで終了しました。

04kawara

 少し時間があったので川の様子を見に行きました。川原にはいろんな岩石が転がっているので、岩石に興味がある人には楽しいでしょうね。結晶の粗い透閃石岩を一つ拾いました。
 姫川の河口で見つけたというヒスイがFMMに飾ってあったりするので、運が良ければ見つかるのかもしれません。

06iroisi

 工事現場にあった岩、すわヒスイかと一瞬思ったものの、石英にペンキで色を付けてあるだけでした。まぎらわしいことをしますねえ。

05hana

 林の中に黄色い花が咲いていましたが、名前は知りません。園芸品種のように派手なところがない野山の花を見ることは、心が癒されます。

08ohiru

 最終日は夕方までに帰らねばなりません。お昼はスーパーで買ったものを車中で食べて帰宅を急ぎました。

09sirobana

 帰ると自宅で白花みやまおだまきがたくさん咲いていました。花も今年は例年より咲くのが早いですね。

03itigo

 寺泊で買った苺を、少しずつ食べることにしました。子供のころは親が畑に苺の苗をたくさん植えていて、ザルいっぱいに摘んだ苺が食べ放題だったことを思い出しました。

|

« 今年三度目の糸魚川へ~2日目 | トップページ | 今年のGW、まずは播但地方へ »

コメント

はじめまして。
いつも更新を楽しみにさせて頂いています。

林の中に咲いていた黄色い花は立金花(リュウキンカ)ですね。
花言葉は「必ず来る幸福」だそうです。

投稿: kaworu | 2018年5月30日 (水) 21時10分

kaworu様

川原に転がるすべての石ころに名前があるように、野山に咲く花のすべてにも名前があるんですね。
名前を知ると、さらに興味が広がりますね。
教えていただいて、ありがとうございました。

投稿: おだまき | 2018年5月30日 (水) 21時42分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年三度目の糸魚川へ~最終日:

« 今年三度目の糸魚川へ~2日目 | トップページ | 今年のGW、まずは播但地方へ »