« 山の中から藍鉄鉱が! | トップページ | 不明鉱物が眠っている »

2016年6月28日 (火)

名古屋ミネラルショー2016速報

Kannban

 最近は各地でミネラルショーが開催されるようになってきましたね。6月25日(土)~26日(日)に名古屋市内の吹上ホールで開催された、名古屋ミネラルショーに参加してきました。これは名古屋鉱物同好会が主催するもので、30年を超える歴史があります。例年は8月なんですが、今年は会場の改装工事の関係で6月に変更されました。

Nigiwai

 初日は開場前に並ぶ人が多く、混乱を避けるために10分早く開場しました。去年から会場が広くなり、人の流れに余裕ができたようです。

Konnzatu

 それでもピーク時は多くのお客さんで混雑していました。

Tyariti

 入り口付近では、熊本地震の被災者応援のチャリティーバザーが行われていました。

P6251499

 今年の特別展示は、猪飼コレクションでした。ショーケースの中に、見ごたえのある鉱物標本が並んでいました。

Amatyuanobusu

 このミネラルショーの特徴は、アマチュア出店のブースが多いことです。こちらのブースでは、手作りのガラス角箱に入れられた珍しい標本が、たくさん並べられていました。
 ネットオークションと違って実物を手に取って観察できるし、産地の情報を教えてもらえることもあるのがメリットですね。

Gyousya

 それでもアクセサリーや宝石のルース、きれいな水晶などを売るお店もたくさんありました。アマチュアブースのテーブルはほとんどが1台ですが、商売人さんは数台のテーブルに商品を展開しておられ、販売員も数人おられるところがありました。さすがにプロですから、ディスプレイや照明にも手が込んでいます。

Tedukuri

 最近は、鉱物を自然の形のままで利用して装飾品作りを楽しんでいる方が増えてきました(これは漂着ガラスだそうですが)。これを作られた方は、仁科海岸のめのうを選んでおられました。どんなアクセサリーが出来上がるのでしょうか。
 他にも小瓶に小さな鉱物を入れて、そのままペンダントにしておられる方もありました。

Aromaoiruiri_2

 これはレインボーガーネットのかけらを小瓶に詰めたものですが、アロマオイル入りの水に漬かっているので、きれいな虹色が出ている上に藻が発生しにくいし、木の蓋から染み出していい匂いが放出されてきます。

Omisebann_2

 一人でブースに張り付いていると、トイレにも行けずに困っていましたが、昨年から石友に応援に来ていただいて助かっています。
 今年も鉄丸石や黒曜石に人気があり、それに糸魚川の薬石が加わりました。大きな標本を好む方が、何人かおられます。
 数年前まではルースケースを安く売る店があって私も購入していましたが、最近は見かけなくなりました。

Tumehoudai

 石友の発案と提供で二日目に急きょ設置した、めのうや貴石詰め放題のコーナーは、人気がありました。子供のときからきれいな石に親しんで、将来趣味仲間に育ってほしいものです。

Honn

 私が今回手に入れたのは、益富会館のブースで買ったこの本です。ネットで注文しなければならないのかなと思っていたところだったので、ちょうどよかった。

Isi

 あまり他のブースを見て回る余裕がありませんでしたが、三重県のアマチュアのブースで手に入れたのがこれ。スローソン石を探しに数年前に現地に行ったものの、見つからなかったので購入しました。
 石友の中にはアマチュアのブースをじっくりと見て回って、いい標本を安く手に入れておられた方があり、少しうらやましく思いました。

Kataduke

 二日目は16:30に終了し、あわただしく撤収作業が行われていました。

Tebasaki

 せっかく名古屋まで来たので、1日めの終了後に石友たちと名古屋名物を食べに行きました。

 二日にわたって、会場では今年もたくさんの石友たちにお会いすることができ、楽しい時間が過ごせました。遠路はるばるお越しいただき、包装用にと反古紙を持ってきてくださったり、お菓子の差し入れやら標本などをご恵与いただいた方々もありました。厚くお礼申し上げます。

 遠くから来られた方たちは1日は会場巡りをして、あと1日は近くの産地巡りをされた方も多かったようで、いい成果をあげられたという報告をいただいています。
 私もいつかは関東方面でのミネラルショーをのぞきに行きたいと思ってはいるのですが、なかなか実現しそうにありません。

 来年は従来通り8月に行われるそうで、楽しみにしています。

|

« 山の中から藍鉄鉱が! | トップページ | 不明鉱物が眠っている »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名古屋ミネラルショー2016速報:

« 山の中から藍鉄鉱が! | トップページ | 不明鉱物が眠っている »