« 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ | トップページ | 逸見石物語 その5~いざ筑波大学へ »

2011年6月 3日 (金)

小県郡の鉱物産地めぐりの思い出~その2

Yamabbuki

 10年前のゴールデンウィークに訪れた武石村では、道端に山吹の黄色い花が今が盛りと咲いていました。
 武石の露頭へ寄った前日には、「焼き餅石」を探しに行ったのでした。石友の案内で入ったところに転がっていた岩を割ってみると、丸みを帯びたノジュールが入っていました。私はガイドブックを読んで「焼き餅石」は川原で丸い石を拾うものと思っていましたので、岩を割ったら出てきたのには驚きました。 

Yakimotiisi

 いずれも小さめのノジュールでしたが、中にはぎっしりと緑簾石の鶯餡が入っていました。

Tiisamenoyakimotiisi_2

 再訪したいのですが、当日は地図も持たずに石友の後をついて山へ入っていっただけで、詳しい場所を記録にとどめておくことをしなかったのが悔やまれます。

 貧乏採集者の私たちには宿をとるだけの資金の余裕がありません。近くの道の駅で車中泊しました。それでもその日の夕食は、連日の採集の疲れを癒すためと明日の英気を養うためにも、ちょっと奮発してとんかつ定食を食べました。

Tonnkatu


|

« 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ | トップページ | 逸見石物語 その5~いざ筑波大学へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小県郡の鉱物産地めぐりの思い出~その2:

« 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ | トップページ | 逸見石物語 その5~いざ筑波大学へ »