« 灰山の近況 | トップページ | 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ »

2011年5月27日 (金)

小県郡の鉱物産地めぐりの思い出

Ennkei

 10年前のゴールデンウィークに、石友と長野県小県郡の鉱物産地巡りをしました。その日最初に立ち寄ったのは、「武石」で有名な武石(たけし)村(平成18年3月に合併して上田市になった)の産地でした。道の向こうの山に露岩が見えていました。

 車をとめて山の中へ入ると、可憐な野草が咲いていました。

Karennnahana

 やがて山中の露頭に着くと、すでに何人かが来ておられました。硬い岩はタガネが入りません。先に割った猛者が残した割れ口に、武石が点々と入っていました。

Rotou

 「武石」は黄鉄鉱が風化して褐鉄鉱に置き換わったものです。「枡石(ますいし)」と呼ぶ場合もあります。
 産地の付近は道路が拡幅されたり温泉の施設ができたりして、草下英明氏の「鉱物採集フィールドガイド」片手に訪れた昔に比べると、田舎の風情が減少している感じでした。

Dourohyousiki

 もし10年ぶりに訪れたら、どのようになっているのか、少し怖い気もしています。

|

« 灰山の近況 | トップページ | 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小県郡の鉱物産地めぐりの思い出:

« 灰山の近況 | トップページ | 逸見石物語 その4~布賀鉱山へ »